ヒラメキのタネ

こどもとおとなのCREATIVE MINDを育むためのタネまきを

○△□で鬼探しあそび

2月になりました。
明日は節分!園や学校で鬼のお面を作ったり、豆まきや鬼の絵本を読んだり、歌を歌ったり・・・一年に一度、鬼が活躍する時期ですね。

そこで、家の中でいろんな鬼を見つけて楽しんじゃおう!という遊びの紹介です。
色紙でも、絵の具やクレヨンで色塗りした残り紙でもよいので、いろんな種類の○△□を作ります。画用紙くらいの厚みがある方がオススメです。

そして、家の中にあるものと○△□を使って鬼を見つけていきます。

いざ、鬼さがしの旅へ!
何か顔に見える、ツノに見えるものはないかなー?

引き戸の穴や電球、みかんが目に見えた!
ジェンガのおもちゃやスイッチが口に!
椅子の出っ張りがツノに・・・
だんだん、いろいろなものが顔の一部に見えてきたら、○△□をプラスして鬼にしてみましょう!
カワイイ鬼、ヘラヘラしてそうな鬼、ちょっと恐そうな鬼・・・家中にいろんな鬼が現れて、賑やかになりそうですね。

学校から帰ってきた娘は、壁に貼られた鬼たちを見て大笑い!面白い~、やるやるー!と鬼さがしの旅に出かけました。

置いてあったトローチを目に、ティッシュを髪にしたり、試行錯誤しながら鬼に見立てていました。

親子でワイワイ、楽しい鬼探しですが、この中にも学びのタネが含まれています。

周りを観察する力、気づく力。
いつもとちょっと違う見方をすることから生まれる、柔軟な考え方や発想力。
何かを組み合わることで、新しいものを生み出す想像力や創造力。

遊びを通じての小さな小さな積み重ねですが、やがて大人になった時に、物事を多面的・多角的に捉えられるように・・・と願っています。

○△□だけでも鬼は作れますし、節分を過ぎても、鬼じゃなくて人や動物に見立ててみたり・・・工夫次第で年中できそうですね!

我が家は階段の一角に鬼コーナーを。
今年はこれに向かって豆まきしようと思います!

0コメント

  • 1000 / 1000