ヒラメキのタネ

こどもとおとなのCREATIVE MINDを育むためのタネまきを

ピタパンサンドとピザのポシェット作り

ダイソーにあったフェルトキットを見て、私もカバンとか作りたい!と、縫い物にも興味が湧いてきた娘。
フェルトキットもいいんですが、うーん、色もド派手!!
できることなら日常使いができて、作るときにワクワクして、かわいいものを作りたいなぁと思い、ピタパンサンドのポシェットを作ることにしました。
完成したのはこんな感じのポシェット。
まずは、フェルトをあるだけ並べて、サンドイッチの具になりそうな色はどれー?と選んでもらいました。
セリアのフェルトはシックなフレンチカラーが揃っているので重宝しています。

パンの生地になるようにカット!
そして、これらの色のフェルトを、野菜やハムなどに見立てて自分で切っていきます。

どう並べよう?と考えているうちに、何だか顔みたいになったり、サンドイッチじゃなくてピザみたい!となり、娘はピザを作ることにしました。
小さい子でも、危なくないように大きめの針にしています。(毛糸用のとじ針にしましたが、先が丸くてグリグリしないと刺さりにくかったので、縫い針の方がいいかも。)
糸は四本取りで、縫うところは予め目打ちで通し穴を空けてみました。
本来なら、穴を空けないほうがいいのですが、フェルト4枚など重なっているところもあり、初めてなので。。
ガタガタの縫い目でも味になってよいと思います~♪
なかなか真剣!まち針よりクリップでとめる方が安全ですね。
パン部分は無印の布描きクレヨンで、少し色づけしても!フェルトは縮んでしまうので、中低温でアイロンかけて、色を定着させました。(完成時は内面になるようにしています)


縫い終わって、紐を付けたら完成ー!
紐もアヴリルの糸にしてみました。リボンだったり、毛糸だったり、革の紐だったり何でもいいと思いますが、ピザやピタパンの雰囲気に合いそうなテイストのものがいいですね!

0コメント

  • 1000 / 1000